風俗で働いている私が考える避妊のあるべき姿

現在風俗店で働く20代の女です。どうしてもお金が必要なことがあり、20代になる直前から風俗店にて働き始めました。
私が働いている店ではいわゆる本番行為というものはなく、基本的には口か手でのサービスとなっていました。
そのため基本的には性病予防のためのコンドームを着用してのサービスで、ピルを服用することはなかったのです。
私の周りで働く子でも誰も服用することはありませんでした。

そんな私に事件が起こったのは働き始めてから半年ほど経ったときです。その日もいつもどおり出勤し、常連のお客さんを相手に口と手でサービスを行っていました。
するといつも私を指名してくれる常連のお客さんから、本番行為の申し出があったのです。いつも指名してあげてるんだし1回くらいいいじゃないかとのことでした。
お店としても禁止行為だったこともあり答えはもちろんNG。丁寧に断ったつもりだったのですが、なんとその常連さんは私を無理やり押し倒して、強制的に本番行為に及ぼうとしたのです。
すんでのところで店員に助けてもらったのですが、ほぼほぼ下着のような格好で薄着だったので、危うくそのまま挿入されてしまうところでした。

私はそれ以来怖くなってしまい、もっと自己管理をしっかりしなくてはという気持ちになりました。
もしあのとき本番行為に至っていたら?妊娠してしまっていたら?そう考えると怖くていてもたってもいられなくなりました。

その経験があった後、私は避妊の意味を含めてピルを飲むようになりました。一緒に働いている同僚には「そこまでしなくても良いのでは?」と言われるのですが、万が一のことを考えたとき、ピルは最強の予防アイテムだと思ったのです。
またピルを服用し始めたことによって、生理日が特定され、出勤日が前もってわかるようになったのはとても嬉しいですね。
予期せぬ生理に悩まされる心配もないのでトータルで考えるとピルを服用していて本当によかったと思っています。

「20代女性 風俗嬢」