彼との結婚のきっかけにもなったピルの服用

私がピルを飲み始めたのは23歳のときです。その後30歳で結婚するまでかかさず服用していたことを覚えています。

もともとピルを飲み始めようと思ったきっかけは、実は避妊のためではなく人よりもひどい生理痛の緩和と生理前のイライラを解消するためでした。
私はその中でも特に生理前のイライラがひどくて、その当時付き合っていた彼にも些細なことで八つ当たりしてしまっていました。
あまりにも八つ当たりがひどいので、彼から精神安定剤のような薬を飲んだ方がいいんじゃないかと言われたくらいです(笑)
生理は女性特有のものなのでわかってもらえない…と諦めていたのですが、そんなとき友達に「生理前のイライラを解消できるかも!」ということでピルを勧められました。

ピルというと避妊薬というイメージが強く、自分には縁のないものだと思っていました。友達にいわれて初めてピルについて調べてみたのですが、ピルには生理痛の改善のほかにも生理前のイライラを改善する効果があるとのこと。彼はコンドームを使ってしっかりと避妊してくれていましたが、避妊効果も高まるとのことでピルを服用することにしたんです。

ピルを毎日飲むのは面倒くさがりな私にとっては多少大変ではありましたが、その面倒くささが気にならないほど自分でもわかるくらいの効果がありました。
あれほどイライラしていた生理前の憂鬱な期間を、すっきりとした気分で過ごせるようになったんです。

その後はその当時付き合っていた彼と無事結婚したことをきっかけに、ピルの服用をやめました。
ピルの服用が続くとしばらくは妊娠できない可能性があるといったうわさもあったのですが、そんな心配もなく、現在かわいい赤ちゃんを妊娠中ですよ。

彼と無事結婚できてかわいい赤ちゃんを授かれたのも、ピルのおかげだなと思っています。避妊目的だけでなくても生理前のイライラに悩んでいる人にもぜひピルのことを知ってピルに頼ってみてほしいなと思います。

「30代女性 主婦」